保存会概要

◆保存会概要

祇園祭は、我が国の三大祭りの随一として今や日本国内は勿論のこと世界的に知られる祭りとなっている。その起源は貞観(じょうかん)十一年(八六九)に六十六基の矛(ほこ)を立て悪疫退散を祈ったと云われ、その後、応仁の乱(一四六七~一四七七)、宝永五年(一七〇八)、天明八年(一七八八)の大火災、元治元年(一八六四)の兵火の難に見舞われ、それも伝統を継承する町民の並みならぬ努力によって復興し、従前よりも優れた装飾品を加え今日の壮麗華美な鉾や山が巡行する祭りになったのである。

我が函谷鉾も天明の大火(一七八八)に遭い他の山・鉾同様に鉾を殆ど焼き尽くし、それから五十年後の天保十年(一八三九)函谷鉾町在住の先人達の大変な努力の積み重ねによりやっと今の函谷鉾が復元されたのである。今後の保存管理を確実に続けていかなければ早晩老廃衰退して失われてゆくところと思われる。それは先人の苦労を失うばかりか、さらには国の損失にもつながっていくのである。そこで、現有する鉾を確実に保存管理し次の世代に伝承していくことが、今私達の重要な責任であり務めなのである。
そして、幾多の困難を克服し、昭和四十二年(一九六七年)四月十二日付けを以て、財団法人函谷鉾保存会を設立以来、今日迄四十七年間当保存会は寄付行為に基づき粛々と運営されてきました。
しかし乍、平成十九年法律改正により現行の財団法人組織は五年以内に公益財団法人組織への移行と定款設定が義務化されました。
当財団法人も公益財団法人移行申請手続きを終え平成二十六年(二〇一四年)一月三十日付で公益財団法人函谷鉾保存会に認証されました。

公益財団法人函谷鉾保存会の目的及び事業内容等の詳細を記した定款は、当HPの法人概要の項をご覧下さい。