最新トピックス

鉾仕舞い

七月十八日 無事巡行を終えた翌日、朝より鉾から町会所に降ろした懸装品や鉾の部材を蔵に納める作業が始まりました。

DSC07370a.jpg嵐のような忙しさの最終日、お祭関係者一同 疲れた身体に気合を入れ直し、慎重に懸装品を蔵に納めて行きます。

DSC07379a.jpgDSC07376a.jpg午後四時過ぎには ほぼ片付き、鉾ビル前は何も無かったかのような普段通りの顔になっていました。